2021年01月24日

Androidで付箋

Google KeepをAndroidで付箋のように使う

多機能なメモアプリKeep
Keepはメモに画像を貼り付けたり、ボイスメモ機能で音声を録音できたり、多機能なメモアプリです。

Google Keepでとりあえずメモる
まずは、とりあえず何かあったらGoogle Keepでメモを取ってください。
作成したメモの中で重要なものは目立つように固定や色付け、大事な予定などはリマインダー機能で通知設定。
急ぎでないメモはとりあえずアーカイブ化しておいて、時間があるときにラベルを付けて整理。

あとから他のGoogleアプリに連携させるといった使い方も便利です。

Keep-4.JPG

・メモの固定
メモの固定をするとGoogle Keepを起動した画面で優先的に上に表示されます。
・リマインダー設定
日付、時間または場所を設定することで、その指定した日時、またはその場所に行ったときに、スマホで通知をしてくれます。
・アーカイブ化
作成したメモを、起動画面(フィード画面)とは別の場所にまとめておく機能です。
緊急性の低いメモなどはアーカイブ化して、フィード画面とは別管理しておく
アーカイブ化したメモは、起動画面(フィード画面)のメニュー項目からすぐに呼び出して確認できます。
・画像、音声などの追加
作成したメモに画像や音声などを追加したい場合、左下にあるプラスのアイコンを使います
・メモ作成画面のメニュー
メモの削除やコピー、ラベルの設定やメモの色付けなどができます。

メモの作成が終わったら、左上の矢印アイコンをタップ。
メモ一覧画面に戻り、作成したメモが一番上(固定メモを除く)に表示されます。


Google Keepウィジェットの設置手順
1,ホーム画面でアイコンなどが無い場所を長押し
2,「ウィジェット」を選択
3,ウィジェット一覧画面からGoogle Keepの「メモリスト」を長押し
keep.JPG
4,ホーム画面の設置したい場所でアイコンを放す
5,貼り付けるメモの選択画面で「固定したメモ」を選択
Keep-2.JPG



Google Keepウィジェットの利用
・表示させたいメモを固定
Google Keepアプリを起動して、ホーム画面に表示させたいメモをタップ
メモが表示されたら、右上にあるピンアイコンをタップしてメモを固定
※固定を解除する場合は、もう一度ピンアイコンをタップ

・サイズの変更も可能
ウィジェットを長押ししてから指を放す
ウィジェットの周りに白枠が表示され、白枠をスライドさせることでサイズを変更
Keep-3.JPG




参照ページ
Google KeepをAndroidで付箋のように使う

初心者でもすぐ使えるメモアプリGoogle Keep

Google Keepの便利な使い方、四つの実践例


posted by ハンモック at 08:17| Comment(0) | メモ