2021年09月13日

9月の天体ショー

天体ショー 月と木星・土星の接近

2021年の木星は8月〜12月ごろに観察シーズンを迎えます。
マイナス2等級ととても明るいのでよく目立ち、街中でも簡単に見つけられます。
初秋から冬が見ごろです。

木星を双眼鏡で観察すると、木星の周りを巡る4つのガリレオ衛星が見えます。
日々並び方が変化する様子は見ものです。
天体望遠鏡を使うと木星表面の縞模様や大赤斑も観察でき、さらに面白くなります。

また、秋には土星も見ごろです。
間隔はやや開いていますが、明るい2惑星(木星・土星)が並んでいる光景が楽しめるでしょう。

9月16日(木)から18日(土)には、土星と木星の下を月が通過していきます。
月は17日(金)夜には土星に、18日(土)夜には木星に最接近するため、晴れた際には夜空を見上げてみてください。

15日〜19日 19時頃の南〜南東の空(東京)
202108200265_box_img4_A.jpg


9月18日の夕方から19日の未明、月齢11から12の明るい月と木星が接近する。
9月18日 18:44
28801_chart.png


2021年の木星は8月中旬まで「みずがめ座」にあり、8月中旬から12月中旬まで「やぎ座」にあります。
8月中旬 23時 東京
8gatu.png

9月中旬 22時 東京
9gatu.png

10月中旬 21時 東京
10gatu.png


前回、8月20日から22日にかけての天体ショーについては
をご覧ください。

次回、10月15日の夕方から16日の未明、月齢9の上弦過ぎの月と木星が接近して見える。
29051_chart.png






posted by ハンモック at 21:57| Comment(0) | 天体