2021年01月22日

ニッポンの里山

今朝早くに、
1/22(金) 午前4:40-午前4:50
ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅「神秘のサクラ咲く森 三重県伊勢神宮」 を見ました。

ってうそです。 「NHK+」で、午後3時過ぎにPCで見ました(笑)

伊勢神宮では神様の衣食住のほとんどを神宮の中で自給自足してきた。
式年遷宮の際、社の建て替えに必要なヒノキも、よく手入れされた広葉樹が混じる美しい森で育てる。 その森は豊かな水を生み、水が神様に捧げる作る米や塩、魚などの幸を育む。
その幸を毎日朝夕2回神様に捧げてきたのだ。
神宮はまさに里山の原風景が息づく「神様の里山」だ。
そして春、神域の森の奥でスギとヤマザクラが合体した神秘のサクラが静かに花を咲かせる。

映像を見ているだけで、崇高な大自然の営みを感じることが出来ました。

20210122-1.jpg

  伊勢神宮に行きたいね! 絶対行こうね!! 
って、友達と言っていたのに・・・コロナのせいで。。。!!!

スギとヤマザクラが合体した神秘のサクラが静かに花を咲かせる。

20210122-2.jpg

こんな風景に出会えるのでしょうか?
もし出会えたら、、、涙があふれそうです。。。


posted by ハンモック at 16:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: