2021年09月13日

9月の天体ショー

天体ショー 月と木星・土星の接近

2021年の木星は8月〜12月ごろに観察シーズンを迎えます。
マイナス2等級ととても明るいのでよく目立ち、街中でも簡単に見つけられます。
初秋から冬が見ごろです。

木星を双眼鏡で観察すると、木星の周りを巡る4つのガリレオ衛星が見えます。
日々並び方が変化する様子は見ものです。
天体望遠鏡を使うと木星表面の縞模様や大赤斑も観察でき、さらに面白くなります。

また、秋には土星も見ごろです。
間隔はやや開いていますが、明るい2惑星(木星・土星)が並んでいる光景が楽しめるでしょう。

9月16日(木)から18日(土)には、土星と木星の下を月が通過していきます。
月は17日(金)夜には土星に、18日(土)夜には木星に最接近するため、晴れた際には夜空を見上げてみてください。

15日〜19日 19時頃の南〜南東の空(東京)
202108200265_box_img4_A.jpg


9月18日の夕方から19日の未明、月齢11から12の明るい月と木星が接近する。
9月18日 18:44
28801_chart.png


2021年の木星は8月中旬まで「みずがめ座」にあり、8月中旬から12月中旬まで「やぎ座」にあります。
8月中旬 23時 東京
8gatu.png

9月中旬 22時 東京
9gatu.png

10月中旬 21時 東京
10gatu.png


前回、8月20日から22日にかけての天体ショーについては
をご覧ください。

次回、10月15日の夕方から16日の未明、月齢9の上弦過ぎの月と木星が接近して見える。
29051_chart.png






posted by ハンモック at 21:57| Comment(0) | 天体

2021年08月19日

月・土星・木星

(2021年8月)月が土星・木星に相次いで接近

衝を迎えた木星と土星は、深夜、南の空に並んで輝いています。
0等台で比較的穏やかな輝きの土星とマイナス2.5等前後で強く輝く木星は、夏の主役の大三角形を上回るほどの存在感を見せているでしょう。

20日から22日にかけて、この2つの惑星の近くを月が通り過ぎていきます。
20日に土星の右下(南西)側に近づいた月は、翌21日には東に動いて、土星と木星の中央やや下側に見えます。
22日には木星の左下(南東)へと通り過ぎます。この日の21時頃に満月となるため、非常に強い月明りの中となりますが、明るい惑星ですので、見つけられるでしょう。

topics05-s.jpg

月は毎日大きく位置を変えていきますが、その動きを意識することは少ないかもしれません。
この夏の主役である惑星たちを目印として、天体の日々の動きを実感してみましょう。

2021年8月、望遠鏡で見たい二大惑星、木星と土星が、見頃を迎えます。
8月2日に土星が、20日には木星が、相次いで「衝」を迎えます。
衝の頃、
木星は約マイナス3等、土星は約0等で、天の川の左(東)で大きな存在感を放っています。

※「衝(しょう)」とは
太陽系の天体が、地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間のことです。
衝の頃の惑星は、地球と惑星との距離が近く、見かけの直径(視直径)が大きくなっている上、陰になる面積も少ないため、明るく見えます。
太陽が沈む頃に東の空から昇って、太陽が昇る頃に西の空に沈むので、一晩中見ることができ、観察の好機となるのです。

topics03-1-s.jpg

0820.png

望遠鏡で見たい二大惑星

【木星】の表面には何本かの縞模様が見えます。
また、木星本体から少し離れたところには、4つの衛星が見えます。
イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが発見したことから「ガリレオ衛星」と呼ばれ、双眼鏡でも見ることができます。
木星のまわりを公転しているため、時間を置いてみると並び方が変わっていくことにも注目しましょう。

【土星】は美しい環(わ)を持つ惑星です。
太陽系の惑星の中で、小望遠鏡で見事な環を見ることができるのは土星だけです。
大きな望遠鏡になると環の構造や本体の縞模様なども見えてきます。

topics03-2-s.jpg


夕方、西の空で金星が目を引きます。
日の入り後30分の高度は15度に至りませんが、マイナス4等級の明るさで、暮れなずむ空でも目立つことでしょう。

posted by ハンモック at 13:13| Comment(0) | 天体

2021年08月13日

彗星からの贈り物

グループLineに、友達から天体情報のお知らせが(^^♪ 
いつもありがとうございます。

(8月11日)
今日20時14分頃から金星と月20時27分頃まで接近しますご覧あれ!西の方角です。
明日は夜中からペルセウス座流星群の活動ピーク無理でしょうか?

両日とも空模様が芳しくなくって・・・残念でしたネ!


ペルセウス座流星群の活動について、詳しい情報が知りたくって調べてみました。

☆彡 流星群は彗星からの贈り物 ☆彡

「ペルセウス座流星群」とは
ペルセウス星座の方向から流れ星が多く観測される(放射点)、ということだそうです。

流れ星の「原料」は、かつて地球の近くにやってきた「彗星」が残していったダスト(ちり)。
ペルセウス座流星群の原料となるダストを供給している彗星(母天体)は、約130年に一度地球の近くにやってくる「スイフト・タットル彗星」とのことです。 長円軌道で回っています。

topics02-s.jpg

「彗星」について
彗星は太陽系の果てからやってくる、巨大な氷の塊です。
彗星の本体を「核」と呼んでいますが、その成分は80%ほどが水で、残りの20%には二酸化炭素や一酸化炭素などが含まれます。 表面に砂粒のようなチリがついています。

その塊が太陽光で暖められると表面の氷が溶けて、チリやガスを吹き出します。

彗星の尾は、このチリとガスによって作り出されたものですが、その成分と見え方から2種類に分けられます。
一つは「チリの尾」で、彗星の本体から出たチリが太陽光を反射して光ったもの。
もう一つは、ガスが電気を帯びた「イオンの尾」で、青白く見えます。

彗星の構造(提供:国立天文台).jpg

彗星の尾は、太陽に近づくほど輝き、長く伸びると考えられています。
チリが多い彗星ほど立派な尾になりますが、その姿がほうきのように見えるため、昔から「ほうき星」とも呼ばれています。

チリの粒の集団は、やがて軌道全体へと広がっていき、その彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。

この「ダストの帯」に地球が突入することで、直径1ミリメートルから数センチメートル程度のダストが地球へと降り注ぎます。
このとき、大気との摩擦によってダストが発熱・発光するだけではなく、ダストと衝突してエネルギーを得た空気の分子が発光することで、流星特有の強い輝きが生まれます。

4067_0_01.jpg

地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

ペルセウス座流星群の活動が活発なのは、8月13日の極大日を挟んで前後1日の計3日間。
1時間あたり30個程度流星が流れますが、この群の特徴は、チリが地球に衝突する速度が速いために明るい流星が多く、途中で爆発を繰り返すものもありますので、夏の花火のようにハデな流星群なのだそうです。

プレゼント!!
こんな景色観れたら、幸せ過ぎる(^^♪

中垣哲也さんが撮影した、利尻富士の上空で輝くペルセウス座流星群の流れ星。
左は天の川=2021年8月13日午前1時28分、北海道豊富町
AS20210813002592_comm.jpg

posted by ハンモック at 11:00| Comment(0) | 天体

2021年04月28日

満月の呼び名

昨日はピンクムーンが美しく輝いていましたね♪

 5月はフラワームーン
 6月はストロベリームーン

しかも、5月26日は「スーパームーン」更に「皆既月食」が重なる日だそうです(^^♪


ピンクムーンとは、北アメリカに住む先住民が使っている満月の呼び名で、5月の満月のこと。
月ごとの満月に名前を付けて、農作業や暮らしの目安にしていました。


・1月 ウルフムーン(Wolf Moon、狼月)
  寒さが厳しい時期、食べ物がなくて飢えた狼の群れがほえる様子。

・2月 スノームーン(Snow Moon、雪月)
  1年の中でも最も雪が多い。

・3月 ワームムーン(Worm Moon、芋虫月)
  地中の虫たちが顔を出し、地面をはう。

・4月 ピンクムーン(Pink Moon、桃色月)
  フロックスというピンク色の花が咲く時期。

・5月 フラワームーン(Flower Moon、花月)
  たくさんの花が咲く。

・6月 ストロベリームーン(Strawberry Moon、イチゴ月)
  野イチゴを収穫する月。

・7月 バックムーン(Buck Moon、雄鹿月)
   雄鹿(バック)の角が新しく生え変わる時期。

・8月 スタージョンムーン(Sturgeon Moon、チョウザメ月)
  五大湖などで収穫できるチョウザメの豊漁を願って。

・9月 ハーベストムーン(Harvest Moon、収穫月)
  トウモロコシなどの作物を収穫する月。夜間の収穫が月明りに助けられた。

・10月 ハンターズムーン(Hunter’s Moon、狩猟月)
  月明かりが強く地上を照らす10月は、シカやキツネを狩るのに最適だった。

・11月 ビーバームーン(Beaver Moon、ビーバー月)
  ビーバーのわなを仕掛ける時期だったという説。
  他に、ビーバーが巣作りを始める時期だったという説もあり。

・12月 コールドムーン(Cold Moon、寒月)
  本格的な寒い冬がやってくる月。

とってもおしゃれですね(^^♪


**2021年、「スーパームーン」「皆既月食」について**

5月26日の夜、最も地球に近い満月(スーパームーン)が皆既月食になります。
この月食は、日本全国で観察することができます。

月は、18時45分から欠け始め、20時09分に皆既食となり、20時28分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、21時53分に部分食が終わります。

以下の画像は、国立天文台(NAOJ)のサイトからお借りしました。

topics03-1-s.jpg


topics03-3-s.jpg

posted by ハンモック at 09:29| Comment(0) | 天体

2018年02月01日

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

昨日の皆既月食、何の趣向もありませんが・・・

2Fのベランダから頑張って撮りました。


寒いので時間を見計らって、階段を上ったり下りたり(笑)


でも、三脚を立てて撮らなかったので、ほとんどが手振れ。


準備不足ですネ!

少しはましかな?と思ったのを選んで、時系列に並べてみました。


次回のスーパー・ブルー・ブラッドムーンは、

2037年!! 見れるのでしょうか???
posted by ハンモック at 22:00| Comment(0) | 天体